ジャーナリスト/コミュニティ・プロデューサー
木村麻紀 公式ウェブサイト

「シェアする暮らし」を集めます!

このところ「シェアする(分かち合う)」というのが、一種のブームになってきている感があります。それまでも「ルームシェア」に始まり「カーシェアリング」などヒタヒタと広がっていたところに、2010年の書籍
シェア <共有>からビジネスを生みだす新戦略が火をつける形で、所有するのではなく共有することについて、社会の関心が高まってきたように思います。最近、NHK番組「クローズアップ現代」でも取り上げられましたね(「シェア~誰かと何かを共有したい~」)。

そんな折、日本のコレクティブハウス運営の草分け的存在であるNPO法人コレクティブハウジング社が、住まいから働く場まで様々な形の「シェアする暮らし」のあり方をご紹介する「シェアする暮らしのポータルサイト~世界中の”持ち寄る暮らし”を集めました~」を開設。私はサイト運営に参画させていただいています。同法人が運営するコレクティブハウスのほか、様々な業種の人たちがデスクをシェアする「コワーキング」という働き方、地域での菜園運営などを通じて新たなつながりの構築を目指す「コミュニティーガーデン」など7つの事例を掲載しました。ぜひのぞいてみて下さい!
「シェアする暮らし」と言うと、最近首都圏で一気に広がっている「シェアハウス」を思い浮かべる方が多いかもしれません。確かにそうなのですが、私たちがこれからサイトでご紹介するであろう事例は、単に今すでにあるものを「分け合う」だけではなく、「分け合う」ことで新たな価値を生み出すということに着目したものになります。それは、地縁や血縁を超えた人と人との信頼感であったり、自然環境に配慮できるといったことだったり…。いずれもこれからの時代、ますます求められていく価値だと思っています。
「シェアする暮らしのポータルサイト」は、毎月7のつく日に更新予定。秋口にはサイトオープンを記念したイベントも企画中です。応援、よろしくお願いいたします!