ジャーナリスト/コミュニティ・プロデューサー
木村麻紀 公式ウェブサイト

すごいぞ!ヘンプ麻

 「オルタナ」3号のサブ特集では、”ヘンプ麻 恐るべき将来性”と題して、日本人にとって身近にありながら十分に活用されてこなかったヘンプ麻(大麻草)が、エコ素材として再び脚光を浴びていることについてリポートしました。「麻」という字を名前に持つ身としては(「あさ」とは読ませませんが)何ともうれしい限りですが、いやはやこのヘンプ麻、実に様々な用途に利用できる万能選手なのです。


 まずはプラスチック。自動車の内装材に使われていて、メルセデス・ベンツやBMW、アウディなどの欧州の大手自動車メーカーで積極的に利用されています。ヘンププラスチックは、従来のガラス繊維よりも軽くて値段が安く、衝突安全性も高い。燃やしても自然に還るので、メーカーに使用済み自動車のリサイクル責任を課したEU指令にも対応できる理想的な素材なのです。ちなみに、日本のトヨタは内装材にケナフ(洋麻)を使っています。ケナフも確かに麻の仲間で天然繊維ではありますが、元々日本に自生のものではありません。
 ヨーロッパでは建材での麻利用も盛ん。ヘンプを使った断熱材や床材を用いた住宅が各地に建っています。一方、カナダのように実の部分をナッツや食用油、肌に優しい化粧品素材としてさかんに利用しているケースもあります。
 なぜ、こんなに利用されているのか?。ヘンプ麻は生育が早く、虫に強いので、農薬や化学肥料をほとんど必要としません。また、遊休地を活用できて、地域の雇用促進にもつながるということで、その利点に気付いたEU各国やカナダ、オーストラリアなどの国々では、90年代に麻のマーケットがぐんと広がったのでした。
 こうした情勢を知った日本の一部の人たちによって、日本でも現在では麻を売り物にする様々なビジネスが生まれています。
ニューエイジ・トレーディング(麻食材、化粧品)
ヘンプレストラン麻(東京都世田谷区)
ジャパンエコロジープロダクション(麻の不織布卸売など)
株式会社日本ヘンプ(麻製品輸入、開発)
トムクラフト(麻素材内装)
ビックフィールド(ヘンプ・サーフボード)
 ただ、ヘンプ麻が大麻取締法で厳しく規制されている現状では、ヨーロッパのような広がりは期待できません。環境や地域への貢献を評価して、マリファナ成分の低い種類のヘンプを産業用として栽培できるようになることが望まれています。
オルタナ3号「ヘンプ麻 恐るべき将来性」
バックナンバー(350円プラス送料250円)ご購入はこちら
「麻研究」の第一人者、赤星栄志さんの著書も合わせてどうぞ。

ヘンプ読本―麻でエコ生活のススメ ヘンプ読本―麻でエコ生活のススメ
赤星 栄志 (2006/07)
築地書館

この商品の詳細を見る


6 Comments

  1. ももまま on 2007-08-13 at 09:40

    ワーキングホリデーでオーストラリアに滞在中、
    近所のモールや朝市で、よくヘンプのシャツが
    売られていました。私も何枚か持ってますが、
    とても着心地がよくて気に入っています。
    栽培の規制などの壁はあると思いますが、
    田舎にとどまり、地域に根ざしたビジネスと
    暮らしをしたいと考える人たちにとって、
    ヘンプ麻栽培がひとつの選択肢になり得ると思います。
    土地も生かせるし、そこで生計をたてられるし、
    環境に負担をかけずに栽培されるので、
    周りの人も安心だと思います。
    現実化するといいなと思います。



  2. なっちゃん on 2007-08-14 at 10:12

    ヘンプ、いいですよね~
    私のカナダ人の先輩は、環境学の修士論文として、
    「ヘンプ」研究をしていました。
    実際に有機栽培で
    畑で栽培するところからやっていました。
    日本人にとっては非常に身近だと伝えると、
    とても驚いていました。
    北米ではヘンプは、大麻との関連で
    (違う植物なのですけれども)
    偏見を持たれることが多く、
    ドラッグをやっている人のものだとか、
    ヒッピーのイメージが
    重なってしまうらしく、、、、
    日本人のほうが抵抗なく、受け入れられますよね。



  3. maki on 2007-08-15 at 14:15

    ももままさん、こんにちは。
    オーストラリアでも、確か2000年ごろに低THCの産業用ヘンプ栽培が解禁されたはずです。知らぬは日米ばかり、という構図です。
    先日はご丁寧にお葉書いただき、ありがとうございました。暑い日が続きますので、どうぞお元気で。
    なっちゃんさん、こんにちは。
    カナダもさかんみたいですねえ、私は知らなかったのですが。
    また時々、お寄り下さいませ。



  4. Leon on 2007-09-15 at 02:14

    makiさんこんにちは。
    遅いコメントですが、
    麻の可能性がこんなにも素晴らしいとは、知りませんでした。
    オルタナ2号で紹介していた、「Motherhouse」にて
    (以前・・・HPを教えて頂きまして有難う御座います。)
    バングラディシュ製ジュート(麻の一種)のカバンを早速購入しました。
    素晴らしいコンセプトと商品に感動をしています。
    今後とも素晴らしい会社の取組みや商品が取り上げられる事を期待しております。
    P.S:最近、Motherhouseが新聞やメディアにやっと注目され始めました。世間の一歩二歩も先を行く『オルタナ』は最高です!!



  5. maki on 2007-09-21 at 11:24

    leon さん、こんにちは。
    マザーハウスさんは随分ブレイクしてきましたね。初心を忘れず、頑張って欲しいものです。
    オルタナは来月半ばから有料になります(これまでの読者の方々はずっと無料です)。お早めにお友達にご紹介下さいませ。



  6. kinky25 on 2007-11-03 at 15:17

    はじめまして、アメリカからです。ヘンプ麻でこちらにたどりつき、楽しく読ませていただきました。記事をリンクさせていただいたのですがよろしかったでしょうか。もし問題あるようでしたら削除しますので、どうぞよろしくおねがいします。