ジャーナリスト/コミュニティ・プロデューサー
木村麻紀 公式ウェブサイト

米国の最新LOHAS市場規模、ほぼ変わらずの約23兆円

 米国の2005年のLOHAS市場規模が2090億ドル(約23兆円)となったことが、米ナチュラル・マーケティング・インスティチュート(NMI)の調べで明らかになりました。数字上は少なくなっていますが、市場分類を見直したことや、社会的責任投資(SRI)を除外したことを差し引くと、2004年とほぼ変わらずといったところでしょう。
 内訳は以下の通り(ドル)。
 ・パーソナルヘルス 1180億ドル
  (有機食品、サプリメント、代替医療、ヨガ、メディアなどを含む)
 ・エコツーリズム 242億ドル
 ・代替エネルギー 4億ドル
  (代替エネルギーへの投資で発行される証書などを含む)
 ・代替的な車 61億ドル
  (ハイブリッド車、バイオディーゼル車、カーシェアリングなどを含む)
 ・グリーン建築 479億ドル
  (エネルギースタ-家電製品、太陽光パネルなどを含む)
 ・ナチュラル・ライフスタイル 106億ドル
  (自然素材の家具、ペット用品、クリーナー、衣類などを含む)
 
 まあ、市場規模に一喜一憂する時期はもう終わったと思います。ただ、エコツーリズム、代替エネルギー、車、グリーン建築あたりが日本ではまだまだ未開拓のエリアなのだというのを、改めて認識できますね。
 詳しくはこちらで(英語)。


3 Comments

  1. yayotuka on 2007-02-14 at 22:46

    こんばんは!ご無沙汰してます。
    個人的には「パーソナルヘルス 1180億ドル」のうち、サプリメントがどの位占めるのか気になります。 もしかすると、このビジネスの1/4~1/3は実はサプリメントで成り立っているのでしょうか。
    アメリカは、土地が貧しく、食事で不足する栄養素をサプリメントで補うという習慣があるのかもしれませんね。日本では、安易に米国追随しサプリメントを導入するのではなく、恵まれた気候や土地を生かした農業生産の改善を促して欲しいなと思います。



  2. maki on 2007-02-15 at 11:25

    yayotukaさん、メッセージありがとうございます!
    正確な内訳はちょっと把握してませんが、その可能性は大ですね。
    >日本では、安易に米国追随しサプリメントを導入するのではなく、恵まれた気候や土地を生かした農業生産の改善を促して欲しいなと思います。>
    と私も思うのですが、昨年の川嶋先生とのインタビューの中でも話題になったように、日本の人口はアメリカの半分なのに、サプリメントの市場規模はアメリカとほぼ同じ規模になったんだそうです。相互作用の問題がクローズアップされてきたアメリカでの減少分が、そっくりそのまま日本に来ているのではないか、というのが先生の見立てでしたが。
    「オルタナ」でもホリスティックヘルスに焦点を当てたコーナーを設ける予定です。また改めて、色々と相談させて下さい。



  3. yayotuka on 2007-02-15 at 21:10

    そうそう、こんなところで何なんですが、5月27日に‘International Symposium on Healthy Aging’が催されます。興味深いテーマに錚々たる講演者が招かれているようですので、是非ご検討下さい!
    http://www.jim-net.jp/020607_HealthyAgingProgram_2.pdf